上を向いて

脱サラ→修業→お遍路→うどん屋開業準備中のブログ

2019年 新年のご挨拶

皆様、明けましておめでとうございます!

 

f:id:naruyat22:20190101213228j:image

今年も初詣は氏神様である友呂岐神社です。

感謝の報告も2018年は毎月行いました。

気持ちがリセットされるし、

何より神々しい雰囲気が癒しを与えてくださいます。

 

さて、昨年は「挑戦の年」と題しまして

臨んでまいりましたが、

少しの挑戦で終わってしまいました。

 

イメージだけではうまく表現できず、

ありきたりの失敗を繰り返したなぁと。。。

やはり言語化がまずは必要で。。。

 

ただ、たくさんの良き出会いがありました!

出会っている方との信頼関係も気づかせていただきました!それも、過去の失敗があったからこそだと思えるものも多々です。

 

美味しいうどんとは何なのか。

自分としての答えは出ています。

それを創業当初から実践しています。

 

ただ、そこに、

さらに美味しくなるアドバイスや経験を

与えてくださる先輩方、後輩、お客様が

いてくださることに感謝の2018年でした。

 

2019年は、それを糧とした自分なりのうどんを、更に高いレベルで提供したいと思います。

 

…正直、悩みました。

ネギや薬味や海苔、天ぷらをうどんに直に乗せた方が見た目の美味しさは120%になる。

うどんを盛った後に、あそこをネギや薬味であの場所を隠せばもっと美味しそうに見える…!

 

しかし、私は麺を、

そして丁寧にひいた出汁本来の旨味を

味わってほしい。

 

毎朝、3時間半かけてお出汁をとっています。

麺は、香川県産小麦「さぬきの夢」100%、

朝練り、早熟で新鮮さを重要視。

 

ネギは特に、入れた瞬間から出汁本来の味を変えてしまうと思っています。

しかし、麺や出汁を味わってもらった後は、

薬味は素晴らしいパーソナライズのスパイスになります。

 

なので今年も、

いやそしてこらからも、

薬味やトッピングは別皿、

麺の旨味、出汁の旨味

それを第一に味わっていただくスタイルでいかせていただこうと思います。

 

そして今年は経営者としても

プレイヤーとしても

更なる高みを目指そうと思います。

結果を見ていただければ幸いです。

 

全てはお客様の為に、

未来の家族の為に、

そして自分の人生の為に、

有限なる時間を。

 

2019年、「上を向いて」を

スタッフ共々、宜しくお願い致します。

 

 

最後に、

皆様にとって2019年が

素晴らしくも、儚くも、尊くも

実りある一年になるように祈りながら、

本年のご挨拶とさせていただきます。

 

ご静読、ありがとうございました。

 

2019年 元旦

上を向いて 代表

宅島 愛弥

 

2018年 新年のご挨拶

「謹賀新年」

皆様、明けましておめでとうございます。

 昨年は皆様の沢山の笑顔を頂き、大変充実した一年となりました。今年も更に進化したうどんをお届け出来るよう、日々精進して参ります。

 

さて、新年一発目ということで氏神様である友呂岐神社に参拝して参りました。

f:id:naruyat22:20180101161745j:image

 

なんと階段の途中まで参拝の列が。

f:id:naruyat22:20180101161848j:image

 

今年からは毎月1日と15日はしっかりと氏神様に参拝させていただき、日々の感謝の気持ちをお伝えしようと思う所存です。

 

 

その後は初めて成田山不動尊に参拝。

f:id:naruyat22:20180101162154j:image

 

人の多さにびっくりしました。

f:id:naruyat22:20180101162226j:image

 

ここ12年くらいは大窪寺門前の八十八庵さんでのお手伝いでした。本格的な初詣が久しぶりだったのでスケールの大きさに驚きを隠せませんでした😳

 

 

さて、本年は「挑戦」の年にします。

上を向いてとしても プライベートでも「挑戦」の年にしていきます。

 

改めまして、本年も「手打ちうどん 上を向いて」をどうぞ宜しくお願い致します。

皆様のお越しをスタッフ一同笑顔でお待ちしております!

 

2018年 元旦  

うどん職人 宅島愛弥

 

2017年 年末のご挨拶

大分お久しぶりです。  

 

2017年10月27日をもって無事1周年を迎えることが出来ました。本当にあっという間でした。これも支えて下さる皆様のお陰です。ありがとうございました。

f:id:naruyat22:20171231150840j:image

 

さて、今年もあっという間に過ぎ去りました。そして色んなことがありました。

 

新しい沢山の出会いがありました。
TVで紹介していただきました。
経営の難しさも経験しました。
集客の難しさも経験しました。
お酒で失敗しました。
嬉しいこともたくさんありました。

 

色んなことがありましたが、それも全て次に繋がる伏線です。失敗や挫折があってまた成長出来ることを実感した年でした。

 

2018年、2年目のキーワードは「挑戦」です。
手打ちうどん上を向いて”としての「挑戦」。
そして自分自身の「挑戦」の年にします。

 

今年も本当にお世話になりました。
来年度も更に美味しいうどんと笑顔を提供できるよう精進してまいります。
2018年もまた宜しくお願い致します!

 

2017年12月末日
うどん職人 宅島 愛弥

うどん屋開業へ【完】2016年10月

大分日にちが空いてしまいました。
実は開業して2ヶ月が経過しました…
申し訳ありません。


10月あたまに鍵をもらい、ついに物件の中に入ることが出来ました。不思議な感覚でした。とにかくそこからはバタバタで時間が過ぎていきます。やることや決めることも多くて頭がパンクしそうでした笑。人生で初めて胃が痛くなり、吐き気が続きました笑。プレッシャーとは凄いものです…。しかし全く苦ではありませんでした。しっかり整理して一つ一つこなしていきました。

手伝って下さる仲間も決定しました。沢山の応募を頂きました。応募して下さった方、面接にお越し頂いた方、本当にありがとうございました。

後輩に頼んでいた文字も決定し、暖簾も出来上がりました。暖簾を見た瞬間、なんとも言い難い感情が芽生えました。

友人達が掃除や開店準備を手伝いにきてくれました。試食もしてくれました。厳しい意見もいただきました。

「魚臭さしか感じない。」

胸に突き刺さりました笑。 

f:id:naruyat22:20170110133323j:image
うどんも久々に本格的に打ちました。壁にぶち当たりました。修業先で作っていたものとは程遠いものでした。出汁の味も決まりません。そこから泊り込みで三日三晩以上の勢いでうどんを打ち、食べ、出汁をとり、飲み、なんとか理想の形に近づくことが出来ました。そしてプレオープンに間に合うことが出来ました。頭で思い描いていたものとは程遠い提供時間やスタイルの壁にぶち当たりました。修正し、グランドオープンに間に合わせました。


2016年10月27日 木曜日 大安
グランドオープン

手打ちうどん 上を向いて」
11:00〜14:00
18:00〜21:00
定休日:火曜日

f:id:naruyat22:20170110133345j:image

うどんは生き物です。状態によってどんどん変化していきます。例えば湯がたてのうどんと湯がき後15分経過したうどんは全くの別物と言っても過言ではありません。また切って置いていたうどんと切りたてのうどんを同じ時間湯がいてもその差は顕著にあらわれます。私のうどんは、お客様の目の前でうどんを手で伸ばし、手で切り、そして直ぐに湯がく他店にはあまり見られないスタイルです。うどんが一番生き生きした状態でお客様に提供できると自負しております。当店ではこの提供スイタイルに合う香川県産小麦「さぬきの夢」を使用しております。なかなか大阪ではお目にかかれない貴重な小麦粉です。国産ならではの風味と粘りを是非一度ご賞味下さい。昨今、機械を使用した麺がほとんどな世の中になってきていますが、手打ち手切りならではの滑らかさとモチモチ感と優しさを五感で感じて頂きたいです。そして沢山の方々に笑顔になってもらうこと、それが私の幸せです。


開店時には沢山の方々にお祝いやお花を頂きました。心から感謝です。ありがとうございます。

これからどんなドラマが巻き起こるのか…
楽しみで仕方ありません。

上を向いて、たまには下を向いて笑、
それでも上を向いて進んでいきます。


ちなみにオススメメニューは、夏でも冬でも、
「かしわ天ざるうどん」です。
f:id:naruyat22:20170110133403j:image


ご静読、有難うございました。


〜うどん屋開業への道編 完〜

うどん屋開業へ 2016年9月

9月早々に融資の為の面談がありました。事業計画書も本を3冊も買って作成し、面談の練習や聞かれるであろう質問の応えも準備して臨みました。緊張したのですが、事前準備の甲斐あってうまく表現することが出来ました。本来であれば23日以降の決定とのことでしたが、なんと8日には融資決定の連絡がありました。本当に有難い限りです。しっかりと返済し、今後の為の信頼を構築していきたいと思います。

歯医者にも20年ぶりくらいにいきました。特に痛いとかはなかったんですが、美味しいものを美味しく食べ続ける為にはやはり歯が肝心だと思ったからです。軽い虫歯が2つ発見されました。そして治療とクリーニングを行いました。今後は定期的に診察を受けようと思います。

そしてついにパートさんやアルバイトの採用も始めました。前職でお世話になった広告代理店の方とタッグを組み、タウンワークベースで募集をかけました。3週間で約150名程の応募をいただきました。まだ面接、選考の方は継続中ですが、とても有難いことです。貴重な時間をさいて面接に来て頂けることに感謝です。皆様、本当に有難うございます。

また、友人の介護施設である、なごみカンパニーさんの「なかまの湯」でスタッフさんや地域の方々にうどんの体験と試食を行いました。子供たちは楽しそうで大人の方も興味を持ってうどんを伸ばしたり切ったりして下さいました。やはり自分で作ったうどんは格別なので皆さん美味しく召し上がっていました。大変嬉しかったです。このような機会をもたせてくれた友人にも感謝です。まさ!またまたありがとう!
f:id:naruyat22:20160930154641j:image
体験スペースです。
f:id:naruyat22:20160930154710j:image
子供達も真剣そのものです。
f:id:naruyat22:20160930154806j:image
麺の太さがバラバラなのもそれもまた美味しいです。
f:id:naruyat22:20160930154836j:image
参加された皆様、ご協力いただき、有難うございました!

そして、後輩に依頼していた屋号の正書が届きました。やはり、書道してた人の文字には命が宿っています。20作品ちかくいただき、その中から選ばせてもらいました。こちらは完成までしばしお待ち下さい。ゆり、ほんまに有難うございます!
f:id:naruyat22:20160930155726j:image
作品の一部です。乞うご期待下さい。

本日、食品衛生責任者講習を受講し、資格をいただきました。応募から受講まで約一カ月かかりますのでこれから開業を予定されている方は早めに取得しておく方が得策だと思います。そして生物を食べることが怖くなりました笑。

さて、10月はついにオープン月です。気を引き締めて臨んでまいります。

うどん屋開業へ 2016年8月

怒涛の焼き鳥バイトラッシュも終え一息つきました。閉店に伴う片付けを手伝って終了となりました。また、バイト先に友人達が何組か来てくれました。有難うございました。

ついに物件の市場調査を始めました。場所は天神橋7丁目。少し大通りからは入ったところでしたが、周辺にはマンションも大手企業もありました。平日の午前午後、土日の午前午後とも確認した結果、素人の判断ではありますがなかなか集客が見込めそうな場所でした。家賃もお手頃でした。恩人である先輩も市場調査をして下さり、プロの目からみてもまあまあの好物件とのこと。競合のイタリアンもその物件の交渉を進めているとのことだったので、それも手伝って仮契約を先に結びました。
内装の状態や感じ等も、香川からうどん屋内装のプロの先輩にもお越しいただき、ご指導を頂きました。更に京都にいらっしゃるカリスマ一級建築士の方も応援に駆けつけて下さいました。本当にご縁やつながりに感謝です。天野さん、赤熊さん、井川さん、有難うございます!!!
その夜、ご飯をご一緒させていただき、そこで新たな情報が入りました。

「香里園に知り合いのオーナーの元うどん屋の居抜き物件がある」

この時は半信半疑であまり期待はしていませんでしたが、何故か気になる…いつもの直感が疼きました。あれやこれやでその週末には物件のオーナーに会うことになり、香里園へ向かいました。その間で市場調査として毎日物件付近を徘徊し、市場的にも問題ないことは確認済みでした。内装や設備を見て、感動のあまり手の震えが止まりませんでした。オーナーさんに名刺をお渡しした時もブルブルと震えていたと思います笑。大変良心的なオーナーさんで、契約等の内容も非常に良いものでした。ただ、仲介の会社さんとの打ち合わせ次第ということもあったので、念の為、天満の物件と両方走らせながらということになりました。このお話も人とのご縁とタイミングがなければ絶対にあり得なかったお話です。本当に日々周りへの感謝は大切だと改めて実感しました。

お盆は地元長崎へ帰省しました。お盆明けには仲介不動産業者からの詳細な契約条件が提示されるのでそれまではゆっくりしました。
f:id:naruyat22:20160928132544j:image
田舎です笑。
f:id:naruyat22:20160928132605j:image
長崎はお盆にお墓で爆竹やロケット花火をバンバンにやります。楽しい気分でご先祖様をお迎えする為です。
f:id:naruyat22:20160928132721j:image
実家のニャンチュウです。もう一匹白いやつもいます。
f:id:naruyat22:20160928132805j:image
実家の喫茶店一押しメニュー、島原ジオカレーです。なかなか美味しかったです。
f:id:naruyat22:20160928132846j:image
歌が趣味な両親の演奏を聴きました。なかなかでした笑。

大阪に戻り、本格的な契約内容を仲介の方に提示されました。保証金等ははりますが内容や条件を加味すれば十二分に有難い内容でした。ほっと一息つけました。そして本格的に香里園の物件で進めていく決心もつきました。

自己資金のみでは難しい内容だったので日本政策金融公庫に行き、書類等を作成し提出。ついにここまできたかという感じでした。

合間で、友人の介護施設を手伝わせていただきました。そちらでも貴重な体験をさせていただきました。まさ!有難うございました。

開業に向け大きく動き始めた8月、融資がおり次第、本契約に進みます。融資よ、どうかおりてください…

いい流れに乗り始めました。

9月につづく


うどん屋開業へ 2016年7月

ついに焼き鳥屋でのお手伝いが始まりました。配属初日に店内はバタバタ状態。何やら前日に店長がいなくなり、鶏肉を入れていた冷蔵庫の扉を開けっぱなしにしていた模様…もちろん仕込んでいた鶏肉は全て全滅…とにかくバタバタの仕込み、営業が始まってからもバタバタでほぼ覚えてないくらいに時が過ぎ去りました。こんな職場があるのかと思ったほど壮絶でした。

その後は週1日だけ休みをいただき、キッチンで焼き場以外のメニューを担当し、15時から夜中1時くらいまでひたすら働きました。冷凍物を一切使わない焼き鳥屋でしたので、大体の部位の下処理や仕込み方法をマスターすることが出来ました。そこで感じたことは、焼き鳥屋の仕込みは非常に手間がかかるということです。ただでさえ大変なのに超繁盛店の仕込みは半端ないんだろうなと思います。

閉店を迎えるにあたり、オーナーの思いやバイト君たちの思いを間で聞いていると、やはりすれ違いは起きています。何事もやはり人間関係、コミュニケーションがもっとも重要なことなんだろうなということを肌で実感出来ました。お互いがお互いを認め合えるそんな環境や状況を作り出すことが大切で、それが自然とお客様にも伝わり集客が出来るようになるのだろうなと思いました。それだけが要因ではないと思いますが、それが出来てそうな職場はとてもいいお店だと感じます。想いは色んな角度から人々に伝わっていくものだと思います。

今後、上に立つ人間として、非常に大切なことをこの職場で学ばせていただきました。最初は身と精神が持たないと思っていましたが、今となっては本当にオーナーには感謝です。神様が与えてくれた試練だったのかもしれません。

そんなこんなで最終日を迎え、余った食材やお酒で宴会を行い、気持ちよく勤務を終えることが出来ました。焼き鳥屋きっかけの知り合いもでき、人脈の幅も広がりました。津露さん、一ヶ月ちょっとの間でしたが、お手伝いさせていただき、本当に有難うございました。

そうそう。物件探しの相棒ができました。
f:id:naruyat22:20160924111841j:image
ジャイアント君です。徒歩に比べ大分行動範囲が広がりました。

物件探しを始めて改めて思ったことは、やはり自分の足を使わないといけないということです。いくら不動産担当者にお願いしても、ぶっちゃけ動いてくれるのは最初だけだったりします。もちろん熱心な担当の方もいらっしゃいますが、世に出ていない物件(ネット等に出回っておらずシャッターに貼り紙のみの物件)も多数存在しています。

そんな中、一本の電話が入りました。挨拶したっきり連絡がこなかった不動産会社からでした。この度、担当が変わったとのことでお会いしたいというものでした。その方とお会いすることになりました。そして、熱心さに胸を打たれました。頻繁にやり取りをするようになり、その方のご紹介で内覧を5〜6件くらいさせていただいた結果、その内の一つに光る物件を月末に発見しました。7月末日までバイトだったので物件の市場調査は8月に持ち越します。

とうとう本格的に動き出す…
そう直感的に感じていました。

2016年8月につづく。