上を向いて

脱サラ→修業→お遍路→うどん屋開業準備中のブログ

うどん屋開業へ【完】2016年10月

大分日にちが空いてしまいました。
実は開業して2ヶ月が経過しました…
申し訳ありません。


10月あたまに鍵をもらい、ついに物件の中に入ることが出来ました。不思議な感覚でした。とにかくそこからはバタバタで時間が過ぎていきます。やることや決めることも多くて頭がパンクしそうでした笑。人生で初めて胃が痛くなり、吐き気が続きました笑。プレッシャーとは凄いものです…。しかし全く苦ではありませんでした。しっかり整理して一つ一つこなしていきました。

手伝って下さる仲間も決定しました。沢山の応募を頂きました。応募して下さった方、面接にお越し頂いた方、本当にありがとうございました。

後輩に頼んでいた文字も決定し、暖簾も出来上がりました。暖簾を見た瞬間、なんとも言い難い感情が芽生えました。

友人達が掃除や開店準備を手伝いにきてくれました。試食もしてくれました。厳しい意見もいただきました。

「魚臭さしか感じない。」

胸に突き刺さりました笑。 

f:id:naruyat22:20170110133323j:image
うどんも久々に本格的に打ちました。壁にぶち当たりました。修業先で作っていたものとは程遠いものでした。出汁の味も決まりません。そこから泊り込みで三日三晩以上の勢いでうどんを打ち、食べ、出汁をとり、飲み、なんとか理想の形に近づくことが出来ました。そしてプレオープンに間に合うことが出来ました。頭で思い描いていたものとは程遠い提供時間やスタイルの壁にぶち当たりました。修正し、グランドオープンに間に合わせました。


2016年10月27日 木曜日 大安
グランドオープン

手打ちうどん 上を向いて」
11:00〜14:00
18:00〜21:00
定休日:火曜日

f:id:naruyat22:20170110133345j:image

うどんは生き物です。状態によってどんどん変化していきます。例えば湯がたてのうどんと湯がき後15分経過したうどんは全くの別物と言っても過言ではありません。また切って置いていたうどんと切りたてのうどんを同じ時間湯がいてもその差は顕著にあらわれます。私のうどんは、お客様の目の前でうどんを手で伸ばし、手で切り、そして直ぐに湯がく他店にはあまり見られないスタイルです。うどんが一番生き生きした状態でお客様に提供できると自負しております。当店ではこの提供スイタイルに合う香川県産小麦「さぬきの夢」を使用しております。なかなか大阪ではお目にかかれない貴重な小麦粉です。国産ならではの風味と粘りを是非一度ご賞味下さい。昨今、機械を使用した麺がほとんどな世の中になってきていますが、手打ち手切りならではの滑らかさとモチモチ感と優しさを五感で感じて頂きたいです。そして沢山の方々に笑顔になってもらうこと、それが私の幸せです。


開店時には沢山の方々にお祝いやお花を頂きました。心から感謝です。ありがとうございます。

これからどんなドラマが巻き起こるのか…
楽しみで仕方ありません。

上を向いて、たまには下を向いて笑、
それでも上を向いて進んでいきます。


ちなみにオススメメニューは、夏でも冬でも、
「かしわ天ざるうどん」です。
f:id:naruyat22:20170110133403j:image


ご静読、有難うございました。


〜うどん屋開業への道編 完〜